アロマの勉強しようよ!cherrytree〜桜の木〜
(社)日本アロマ環境協会対応の検定1級、2級
アロマテラピーインストラクター試験に向けて
一緒に勉強しましょう!

独学で資格習得を目指すみんなの味方ブログです!
アロマテラピー検定、インストラクター試験用の
練習問題公開中!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
歯医者で役立つアロマの香り
JUGEMテーマ:アロマテラピー
 

みんさん、いつもお立ち寄り頂いてありがとうございます。


昨日は、歯医者へ行った時にチョイスした精油をちょっと書いてみましたが

意外にも人気記事1位になっていたので

ちょっと掘り下げて見たいと思います。


私が選んだ精油は、メリッサ、ラベンダー、カモミール・ローマンです。



歯医者さんは、歯を削る時の機械音がものすごく耳に付いて

あの音を聞くだけで、緊張してしまいますよね。


メリッサには

感情の起伏のバランスをとり、混乱した心を穏やかにしてくれるという効能があります。

リナロール、ゲラニオール、シトラール、シトロネロールなどの成分です。


ラベンダーには

心と体の両方を鎮静してくれる、優れた鎮静作用があります。

酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロールなどの成分です。


カモミール・ローマンには

耳の痛み、歯が生える痛み、緊張からくる頭痛、腹痛を和らげてくれます

不安、緊張、恐怖の念を和らげます

アンゲリカ酸エステル類、カマズレンなどの成分です。


要するに、歯医者さんでは、嫌な緊張感が続くもので、そこを克服するために

選んだ精油だったんです。



それから、歯医者さんで、歯を抜く時などに麻酔をかけられますよね。

あの味、なんだか分かりますか?

精油の中に、クローブという精油があるのですが、オイゲノールという成分が

入っていて、オイゲノールには、麻酔作用があります。

そうなんです、麻酔の味は、オイゲノールと同じ成分なんです。

口にいれる事が無いですが、オイゲノールの味は麻酔の味(笑)


みなさんも、極度の緊張を和らげたい時に、使って見たらいかがでしょうかヾ(*'∀`*)ノ




いつも応援ありがとうございます( *・ω・)*_ _))ペコリン

役にったっとよ〜と思ってくれたらクリックしてねヾ(*'∀`*)ノ
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
アロマテラピー : comments(2) : - : みみ
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
Comment








メリッサ…。これまたお高いんですよねぇ、確か…。

その昔、レモンバームを育てようとしてたんですけど…。ちょろっと芽が生えて、すぐに枯れてしまったのを思い出しました(笑)

歯医者さん終わったあと、手足がだるいですよね…。緊張で筋肉に力いれっぱなしですもんね(汗)
posted by たくぴ : 2010/05/20 10:14 PM
たくぴさんへ

こんばんはヾ(*'∀`*)ノ

メリッサ、高いですハァ・・(。´・_・`)-3
ちょっとづつ使います(笑)

キュイ〜ンってやられると、全身にガチガチに
力はいるよね、待合室で吸入法!
随分違いましたよ!

ハーブって簡単だって言うけどそうでもないよね。
育てるのって大変です!

いつもありがとうございます!
posted by みみ(sakuraaroma) : 2010/05/20 11:02 PM
<< NEW : TOP : OLD>>